がん診断で一時金50万円のプラン(チューリッヒ)に申し込みましたが

スポンサーリンク
スポンサーリンク



がん診断で一時金50万円_20180811_100355

プロテサンでガンが治った人は相当お金をつかっている

チューリッヒからお知らせが来たので、契約内容のご案内かと思って、何の気なしに開いたら、『がんと診断されたら、一時金50万円が支払われます』の文字が私の目を釘付けにしました。

チューリッヒ「がん診断一時金50万円」_20180811_100355

これは楽天カード経由でチューリッヒの医療保険に申し込んでいる人に届いたのだと思いますが、私達のような世代(50代後半)って、若い頃に生命保険に一度入っちゃうと「入っている」というだけで安心して見直しなんて全然する気がないから、どんなにTVでガンガン新しい保険のCMが流れても、真剣に見たことがないし、関心を持ったこともない。

だけど、なぜ今回これが目に飛び込んできたかというと、先日友人から、「がんが治ったのはプロテサンのお陰」と言っている人達のお話を聞いて、どの人も相当なお金を使ってプロテサン(Amazon楽天Yahooメルカリ)を初期に大量に飲んでいることがわかったから。がん患者さん御用達と言われている評価の高い人気のプロテサンですが、そうでなくてもお高いのに・・・

ニチニチ製薬プロテサンシリーズ_4r021

友人によると、手術前に1日4万円分を一週間毎日飲ませた、とか、すぐに箱で1ダース買って1日1箱飲ませたとか、びっくりするぐらいお金を高額にかけたエピソードばかり飛び出して、結局は生きるも死ぬも地獄の沙汰も金次第なのか・・・と、落胆してしまったからです。

ですが、プロテサン(Amazon楽天Yahoo)ではないけれど、ピュアラクトEX(Amazon楽天Yahoo)の愛用者の方の以下の体験談があるのを以前見て、世の中にはそういう保険もあるのか、と少しだけ記憶していました。

費用に関しては当初はおそらく月に17万円支払っていたかと思います。単純にMAXの服用で週4万円位でしょうか?
癌保険に加入していたため癌が解った時点で250万円入金されたため高額でも支払いができました。

(出典:お客様の声(体験談/膵臓がん)|抗がん情報館))

がん診断で一時金50万円のプラン(チューリッヒ)に申し込むことにした

がん診断で一時金50万円_20180811_102527

そんなときに写真のご案内(一時金50万円)が届いたので、これは一も二もなく加入しよう!と思いました。私が将来もし万が一 がん になったら、やっぱり手術前の免疫向上や抗ガン剤の副作用軽減のためにプロテサンを大量に飲みたい。

効果があったという人たちはどうやら1日1~2本レベルではないようなので、さすがに1日4万円分は完ぺきに無理でも、いざというときには自分も集中して飲みたい。そのためのお金の準備になるなら、これはまさに渡りに船?

他にも先進医療や女性特有の病気をサポートしてくれているみたいですが、個人的にはそんなことはどうでもよくて、まず一時金w

楽天カード会員の団体扱い?っぽいし、何より掛け金が安い!!!私の年代(50代後半)なのに月額1,140円。一時金は50万円ですが、これぐらいあれば、差し当たって乳酸菌数の多い高いほうの商品を数箱買えるだろうし、これなら大きな負担にもならないかな。これはいいかも。

ただ、申込書を書き終えて封をしてから、『がんと診断されたら※1、一時金50万円※2が支払われます』の※の部分だけは、一応、読んどかなきゃ!と思って、ちゃんと読んでみました。ていうか、普通は順番が逆ですよね(汗)・・・

来年の2月以降じゃないと発効しないのね・・・

がん診断で一時金が50万円チューリッヒ(楽天カード会員)_20180811_121316

※1 責任開始日(保証期間の開始日からその日を含めて91日目)以降に所定のがんと診断確定された場合
※2 上皮内新生物の場合は上記がん診断一時保険金額の10%

※1については、今申し込むと2018年12月1日午前零時が保証期間だそうです。なので、その日を含めて91日目。つまり今からだと、だいたい来年の2月以降に判明した がん じゃないと、一時金はもらえないのか、ふむふむ。

つまり、今なんとなく怪しい感じがして、近々検査を受けたいと思っていて、その検査で万が一「がん」とわかっても、来年の2月より前(今から5.5か月以内)に診断されたものに対しては、一時金は出しませんよ、ということですね。約半年間は無効ってことか、これはちと長いな~・・・ま、しょうがないか。

上皮内新生物の一時金は悪性新生物の10%!

で、それはひとまずいいとして、次に書いてある上皮内新生物ってなに?昨年講演会で話を聞いたある先生は、がんのことを一貫してそう呼んでいた気がするけど、なになに?診断が上皮内新生物だった場合は、えー!一次保険金額が10%??つまりたったの5万円?

調べてみると上皮内新生物というのは、以下のようです。

上皮内新生物は、「上皮内がん」「上皮内腫瘍」とも呼ばれ、一般的に「がん」といわれる悪性新生物とは異なり、がんが上皮(粘膜層)内にとどまっており、基底膜以降の組織に浸潤していない状態のがんのことをいいます。

(出典:保険市場

つまり放置するといわゆる「がん(悪性新生物)」になる可能性が高い「がんの前段階」らしく、この状態で発見されやすい一部のがんあるみたい。

そうは言っても、これも立派ながんのひとつですが、組織の上層にあるだけで基底膜と呼ばれるワンランク深い層まで浸潤していないため、このレベルでは転移の可能性も薄く、切除によって完治する確率がほぼ100%らしい。要するに「がんの赤ちゃん」状態ということかな。(大腸がんの場合は粘膜内)

そのため、古い保険ではそもそも保障の対象になっていなかったり、新しい保険でも悪性新生物への保障内容とは大きく差をつけられているケースが多いとのこと。へー、今まで全然知らなかった。そうなんだ。がんと言っても2種類あって保険会社はそれなりにうまく(ずるく)やっている?のね^^

検索してみると、それなりに注意を喚起する記事は見つかるのですが、保険に関心がなければ検索もしないので、すでに多くの皆さんが知っているようなことでも、長い間、知らなかったりするんですね。

保険屋さん的には、がんは2種類

上皮というとつい皮膚をイメージしてしまい、なんとなくピンと来ませんが、大腸(結腸・直腸)がん(粘膜がん含む)は発見時、2割がこのタイプと言われると、なんとなくわかる気がします。大腸は内部のように見えて実際は外から入ってきたものが通過していく体の外部(外側)ですからね。

ほかにも子宮頸がんや乳がんにはこの状態で発見されるケースがあり、とくに子宮頸がんの場合は半数以上がこの状態で発見されるそうです。ということは子宮頸がんの場合、万が一早期に見つかっても、古いがん保険だと保障外だったり、新しくても保証額が著しく低い場合が多いということになります。(参考:保険市場

一方、肝臓がん、甲状腺がん、悪性リンパ腫、白血病などは悪性新生物の対象とのことですが(参考:メットライフ生命PDF)、ひとくちに「がん保険」や「一時金」と言っても、がんなら、すべて同じ保障というわけではないんですね。恥ずかしながら今知りました💦

ちなみに がん はDNSの突然変異により発生してしまったもので、自分の細胞でありながら自分の体のルールに従わない細胞たちなので、それで「新生物」と呼ぶそうですが、上皮内新生物でも乳がんなどの場合は乳房摘出手術に及ぶ場合もあり、一概に安易な考えはできないとのこと。

それでもやっぱりそのままチューリッヒに申し込む

それなら・・・と、ざっと調べてみると、悪性新生物と上皮内新生物で保障にあまり差をつけなかったり、一時金も同額という保険会社もあることはあるようですが、試しにそれっぽい保障の保険会社のウェブで見積りを入力してみたら、保険金額が3000円以上になってしまいました💦

1,140円だから「入ってもいい」と思ったのに、3,000円オーバーになると躊躇してしまうのは、私の金銭感覚の現れかもしれませんが(笑)世の中、そういうことなんだと思います。

こういうのはあれこれ考えて精査して先延ばしするよりも(で、そのうち忙しくなって忘れるw)、来たものを受け入れて「えいっ」と とにかくまず入っちゃったほうが、自分的には得策かもしれないので、そのままやめずに加入することにしましたw どうせ掛け捨てだし、嫌なら解約しちゃえばいいわけだし。

チューリッヒ「がん」_20180811_183221

個人的な考えですが、楽天カード経由のチューリッヒ医療保険加入者に届いたこの案内は、すごく効果的なんじゃないかと思います。なぜなら、私達のような50代後半の世代は、先に述べたように、新しいタイプの保険なんて、まともに見ていないから。

しかも少額の医療保険(正確には医療が付いた傷害保険)に先に加入させておいて、あとから、こうやって、「こういうのもあるけど入る?」と、同じぐらい障害のプランを提示してくるところなんか、うまいよねー、感動しますね。

でも、こういう機会を利用するのもひとつのチャンスだと思うので、私はつべこべ言わずに素直に従うことにした次第です。ほかにいいのがあれば、解約すればいいんだしね(笑)

ですが結局アクサダイレクトにも申し込む

アクサダイレクト「がん保険」一時金のみが目的_スクリーンショット 2018-08-12 09.09.08

追記1:その後、改めて調べてみたところ、診断が出た時の一時金だけが目的ならアクサダイレクトだと50万円で上皮内新生物も対象で、私の現在の年齢だと、保険金額も1400円台でした。保障開始時期も早いし、こっちでもよかったかなぁ・・・

追記2:結局、アクサダイレクトも申し込んで、あとでゆっくり考えることにしました😅 必要事項を入力して健康に関する確認事項にチェックして、特に問題がなくてネット銀行(自分は楽天)だと、これって、あっという間にできちゃうのね。これは便利~(感動)

追記3:生命保険って、昔は家におばちゃんが来て、何度も足を運んで設計書とか作ってもらったりしたけど、これからはこんな風に自分が欲しいと思う保証を安い単品で組合せて行く形になるのかなぁ、などとも思いました。ネット経由だと本当に簡単。

 

本日の口コミレビュー紹介

5 2015-01-27

  • 商品の使いみち:プレゼント
  • 商品を使う人:家族へ
  • 購入した回数:リピート
すごい
今回3回目の購入です
末期肺がんの母のために購入
抗がん剤の副作用が全くなく
癌も少しずつ小さくなっています
腫瘍マーカーの数値も検査の度に下がっています
主治医も驚いていらっしゃいます
プロテサンのお陰かなと思ってます

(掲載元:楽天市場/【クーポン対象】プロテサンS 45包 +4包増量★選べるプレゼント付【送料無…