コロコロうんちが通常便になりました。乳酸菌は継続が大事

スポンサーリンク



コロコロうんちが通常便に

固くて黒っぽくて小石のようにポロポロと出ていた私のウンチがようやく通常便になりました。といっても出だし(?)はいつも通りにコロコロだったんですが、終わりの方になって「つながって出てきた」という感じです^^;

私は食べたら出るタイプだし、「出そうで出ない」ということもなく、お腹が張って苦しいということもないので、自分を便秘だと思ったことは一度もないんですが、乳酸菌のことを色々調べているうちに、どうやら私の黒っぽくてポロポロしたウンチは、善玉菌が少なくて腸内環境が悪いせいらしいことがわかってきました。そういえばしばらく、つながったウンコしてないかも。

(出典:昭和 便秘のお薬

ちょうどいいことに、私は一か月前からサプリやらヨーグルトやらで、乳酸菌を摂り始めていたので、このまま続けていたらそのうち、いいウンチに変わるだろうと漠然と思っていたら、結果的にその通りになったので、やったね、というよりは、ほらね、という感じに近かったです。というのも、先日、仕事先の人に「乳酸菌で便の状態が大きく変わった話」を直接聞いたばかりだったので、いまや乳酸菌に関しては、確信に近い信頼を寄せていたりします。

それにしても小さい頃は、ヤクルト一本飲んだだけでお腹が下る私だったのに、今では自分の人柄と同じように(?)腸まで頑固になったみたいで、すぐに効果があったプロテサンは別として、市販品の場合は1日~2日、ヨーグルトを食べたりサプリを飲んだぐらいでは変わらないんですよね。なんやかやとあれこれ一か月続けて、ようやく変化が出てきたみたいです。以下にその記録を書き留めておきます。

市販品でも一ヵ月続ければ変化が現れる

1ヵ月前

プロテサンを1日6包

膝が痛くて、背中やわき腹が胸や脇の下もなんとなく痛むときがあるので、友人からもらったプロテサンを食事の前に1日3回2包ずつ服用。ネットを探しても同じものがない(と、思う)ので、古い商品か、またはネット販売していない商品かもしれません。そのときはあまり関心がなかったのでよく覚えていません。でも飲んで早々に膝の痛みが消えたのと、二日目から、食後にすぐ便意があったの「これは効くんじゃないか?」と思いました。というのも、食べてすぐに便意を感じる事なんて、考えてみたら1年以上ずーっとなかったので。(参照「高脂血症のからだの痛みがプロテサンで消えた」)

お酒をやめる

健康に不安が出てきたので、毎日のように飲んでいたお酒をパッタリやめました。このときは本気で自分はガンじゃないかと思いました。

不安が消える

仕事のことや健康のことで、不安で憂鬱で落ち着かない毎日だったのですが、なんとなく「病院に行こう」という前向きな気になったのは、今思えば、プロテサンを毎日飲んだことで腸内環境が改善されて、セロトニンが活性化したのかもしれません。前述のようにネットを探しても同じものが見当たらないので、プロテサンシリーズのいつのどの商品か全くわからないのですが、たぶん、きっと、買ったらお高い品物だったんだと思います。

3週間前~現在

病院からコレステロール低下の薬をもらう

仕事の合間にふと、病院を受診してみようかな?という気になって、近所の個人病院に行って、尿検査、超音波、レントゲン、採決などをしてもらって、後日結果を聞きに行ったら、なんと私はコレステロール(LDL)がとても高いことがわかりました。最近の不調はそのせいだと思いました。あちこちの痛みは体のサインだったんだと思います。病院からプラバスタチンNa錠という薬を2週間分出してもらい、1日1錠(10mg)を服用開始。

市販の乳酸菌サプリを飲み始める

プロテサンは高くて手が出ないので、近所のウエルシアで乳酸菌サプリを購入。オリヒロにしたのはパッケージに菌数が書いてあったから、そこそこ真面目に(?)つくってある製品なのかな?と思ったから(笑)。れいさんのブログで「乳酸菌プロテサンsとgについて」や「サプリメントの実際」で書かれているように、自分も安い市販品はそれなりだという気持ちがあり、菌数を同じく摂取しても同じ効果は出ないのは本当だと思います。

でも私はガンじゃないし、緊急性のある重篤な病気でもないし、プロテサンみたいな評価と実績の高いサプリメントに効果が全然至らないお手頃な市販品であっても、何も飲まないよりは飲んだほうが多少は効果がある!ぐらいの気持ちでいいんじゃないかと思いました。ゼロは何倍してもゼロですからね(意味不明w)

れいさんによると、サプリは規定以上飲むと効果があるそうです。自分もそれは本当だと思います。というのも、プロテサンがガンに効いたという人は、ものすごく大量にプロテサンを飲んでいたから。自分はそこまでいかないけど、1日一包と書いてあるオリヒロの乳酸菌を毎食前に2包ずつ、1日6包飲みました(現在は1日3包)。ただこの飲み方だと、結果的に一ヵ月4000円ぐらいはかかるかな。ところで、オリヒロ乳酸菌の商品のお召し上がり方を読むと「1日の摂取量の目安はお守りください」って書いてあるんですよね。プロテサンの愛用者は「プロテサンは副作用がないからたくさん飲んだ」とよく言いますが、オリヒロのはそうじゃないのかしら・・・

ヨーグルトやコーヒーに入れる砂糖はオリゴ糖に変更

オリゴ糖は胃や小腸で吸収されないので、大腸まで届いてビフィズス菌の餌になるそうです。ビフィズス菌は腸内に棲みついている善玉菌なので、ビフィズス菌が活性化すると腸内が酸性になり環境がよくなります(アルカリ性に傾くと腐敗が起こり腸内環境が悪化する)。腸内環境が良くなると、腸にその6~7割が集中しているという免疫機能に活力が生まれ、自己治癒力が強化されて体の様々な症状が改善します。そのために最高に一番いいのは乳酸菌(生きていなくてもいい)を摂ることですが、オリゴ糖はそのお手伝いという感じかな。

私は食後のコーヒーはブラックにせず、砂糖もミルクも入れるほうですが、このときにオリゴ糖を使うようにしたのと、以下に示すヨーグルトにもオリゴ糖をかけて食べるようにしました。でも、一番いいのは、フラクトオリゴ糖かガラクトオリゴ糖と言われたので、これから変えてみようかな。

▼Amazonで効き目に評価が高いフラクトオリゴ糖

ヨーグルトを1日200gずつ食べ始める

ウェルシアオリジナルの「脂肪ゼロ」というヨーグルトを毎日200gずつ食べ始めました。乳酸菌に興味を持ったそもそものきっかけが、自分の高コレステロールだったので、脂肪が多い商品は意味がありません(汗)近所のウエルシアでたまたま見かけたので、これを買って食べ始めましたが、私のおなかには合うようです。

細菌や微生物の世界的な権威で、乳酸菌研究のパイオニアでもある光岡知足博士は、以下に紹介するインタビュー記事の中で、①ヨーグルトは低脂肪を推奨 ②自分が食べてみていいと感じるものがいい という意味のおっ話をなさっています。とても参考になるので皆さんもぜひ一度、ご一読ください。

「生きた菌が腸まで届くから健康になれるわけではないんです」(光岡知足インタビュー②)

腸内細菌と仲良くするための食事とは?(光岡知足インタビュー③)

一か月後の現在

毎食後に便意が来ますが、ウンチとして出すのは朝です。昼と夜は便意を感じますが、トイレにいくぐらいではありません。

乳酸菌を摂り始めた多くの方が言っているように、おならの匂いは確かに変わりましたが、「臭くない」という感じではないかなぁ・・・強いて言えば、うんちがゆるいときのおならの匂いですね。

乳酸菌はサプリなので、それに対して食欲が出ることはないように思うんですが、たまに「もっと飲みたい」「もっともっと飲みたい」と感じるときがあるんですよ。そういうときは、体が乳酸菌を欲しているときだと思うので、素直に一杯飲むことにしています。

私は突然、ワカメを山のように大量に食べたくなったり、肉をムシャムシャ食べたくなったり、嗜好性のある食欲が高まるときがありますが、そういうのも全部、そのときの体の状態が、必要なものに対して、ニーズのサインを出していると思うんですよね。だから逆らわずに従うことにしています。でもオリヒロの乳酸菌は味が甘いので、美味しいといえば美味しいですが、個人的にはもっと糖分がなければいいなぁ・・・

便通も変わりましたけど、もうひとつ変わったのは、やる気とか意欲など、仕事に対する前向きな気持ちが高まったこと。そして、以前感じていた強くて漠然とした不安を感じなくなったこと。乳酸菌は精神状態にもいいのがわかっているので、やはり、色々なことに効果的なのだと思います。

でも、この内容だと、サプリがよかったのか、オリゴ糖がよかったのか、ヨーグルトがよかったのか、全然わかりませんよね。あと、以前よりはよく歩くようになったし、それも効果の一端かもしれません。要するにひとつのものに頼らずに、いいと思うものを自分に合う自然な形でバランスよく・・・ということになるのかもしれません。

そして一番大事なのは、市販品でもいいので、とにかく継続することではないでしょうか。自分の場合は、効果が現れるまで一ヵ月かかりましたが、もっと強力な乳酸菌サプリなら、もう少し早いのだと思います。プロテサンをお試しで飲んだときは、翌日から効果があったので、本当はやはり品質も大事だとは思います。

一番いいのはニチニチ製薬のプロテサン

今日は市販品をについて書きましたが、乳酸菌サプリの中で、本気で一番いいのは、加熱処理乳酸菌が大量に含まれているプロテサンというサプリだと思っています(または、同種の優れた商品)。腸内細菌学のパイオニアで世界的な微生物学者の光岡知足先生の実験によると、乳酸菌の効果を得るには1日1兆個の乳酸菌が必要とのこと。(出典:「新しい「乳酸菌」が、命を鍛える」(矢澤一良/シティブックス))そのためプロテサンは、健康維持や病気予防のためではなく、何かの重篤な状況を改善するために、患者さんやご家族に購入されているケースがとても多いのですが、そこまでいかなくても何かの目的で即効性を求めたいときにも有効ですよね。

プロテサンB(1.0g×45包)
乳酸菌含有量(1包中)3,000億個

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】プロテサンB 45g (1g×45包)+4包プレゼント!
価格:4860円(税込、送料無料) (2018/2/11時点)

プロテサンR(1.2g×45包)
乳酸菌含有量(1包中)1兆個

プロテサンG(1.5g×45包)
乳酸菌含有量(1包中)2兆個

プロテサンS(1.5g×45包)
乳酸菌含有量(1包中)4兆個

プロテサンB(1.0g×100包)
乳酸菌含有量(1包中)3,000億個

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】プロテサンB 100g (1g×100包)+10包プレゼント!
価格:10800円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)

プロテサンR(1.2g×100包)
乳酸菌含有量(1包中)1兆個

プロテサンG(1.5g×100包)
乳酸菌含有量(1包中)2兆個

プロテサンS(1.5g×100包)
乳酸菌含有量(1包中)4兆個




★★★参考になった方はクリックしてね
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ
にほんブログ村


スポンサーリンク