スポンサーリンク
スポンサーリンク



日本ベルム株式会社

 

 

論文検索(3件

163 EF2001(Enterococcus・Faecalis)とプロポリスによる抗腫瘍効果と放射線防護効果に関する研究(33 薬理)
(第55回日本東洋医学学術総会 2004年6月25日~27日) ※PDF

乳酸菌あれこれ
日本乳酸菌学会誌 = Journal of Japan Society for Lactic Acid Bacteria 17(1), 91, 2006-06-01)

β-D-glucanの放射線防護効果と抗がん効果に関する研究
(日本放射線影響学会大会講演要旨集 2009(0), 123-123, 2009)

 

 

論文検索(6件

[引用] 乳酸菌あれこれ
下橋博隆 – 日本乳酸菌学会誌= Journal of Japan Society for Lactic …, 2006 – ci.nii.ac.jp
… 詳細についてはこちらをご覧ください。 乳酸菌あれこれ. 下橋 博隆; 日本ベルム株式会社.
この論文をさがす. CiNii Books. 著者. 下橋 博隆; 日本ベルム株式会社. 収録刊行物.
日本乳酸菌学会誌 = Journal of Japan Society for Lactic Acid Bacteria 日本 …
[引用] 163 EF2001 (Enterococcus・Faecalis) とプロポリスによる抗腫瘍効果と放射線防護効果に関する研究 (33 薬理)
具然和, 岩佐弘行 – 日本東洋醫學雜誌, 2004 – ci.nii.ac.jp
… 163 EF2001(Enterococcus・Faecalis)とプロポリスによる抗腫瘍効果と放射線防護効果に関する研究(
33 薬理). 具 然和; 鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生. 岩佐 弘行; (株)日本ベルム研究所 … 著者. 具
然和; 鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生. 岩佐 弘行; (株)日本ベルム研究所. 収録刊行物 …
β-D-glucan の放射線防護効果と抗がん効果に関する研究
山下剛範, 岩佐正広, 石田寅夫, 具然和 – 日本放射線影響学会大会講演 …, 2009 – ci.nii.ac.jp
… Radioprotection and Antitumor Effect by β-D-glucan. 山下 剛範 YAMASHITA Takenori;
鈴鹿医療科学大学 放射線技術科学科 Suzuka University of Medical Science. 岩佐 正広
IWASA Masahiro; (株)日本ベルム研究所 BRM Co., Ltd. Res …
[PDF] 水溶性プロポリス (WSP) と乳酸産生菌 (EF-2001) の混合物による抗腫瘍作用ならびに抗酸化作用
篠田憲彦, 三宅泰, 松島祐樹, 鈴木郁功, 長谷川正俊… – 医学と生物学, 2008 – brm.co.jp
… 2医 療法人)社 団聖友会内藤メディカルクリニック 1 3日本ベルム (株) 4二重大学大学院医学研究科
(受付 :平成20年3月13日) (受理 :平成20年4月10日) … 乳酸産生菌由来加熱死菌体粉末 EF‐2001
(勧″κεοcc雷力θCαris_2001)は日本ベルム (株) より提供されたものを実験に供試した …
[PDF] 乳酸菌 (EF 2∞ 1) の抗高脂血症に対する研究
具然和, 糸川由佳, 高木康之, 前中俊宏, 山下剛範… – 2007 – brm.co.jp
… EF2θθ′は、側に)日本ベルムから提供された。 研究結果の統計処理法は、平均値 土標準誤差
で表し、一次検定として Contr01に対して各試 験群の評価を刀り ″ 検定により行い、その後
有意差のあるものに対して二次検定として Fな力α 検定を実行し、Contr01と各試験群との 比較を行つた …
Immunostimulating composition containing Lactic Acid bacteria
T Fujiki, K Kawasaki, Y Hirose, S Murosaki… – US Patent App. 12 …, 2010 – Google Patents
Producing an immunostimulating composition containing lactic acid bacteria having IL-12
production-inducing activity, by culturing lactic acid bacteria belonging to the genus Lactobacillus,
immediately killing the bacteria at the point of time at which the pH of the culture medium …

特許検索()5件

 

 

特許検索( 6件

E.フェカリスからなる抗腫瘍剤及び放射線防護剤
(57)【要約】【課題】 効果的な抗腫瘍剤及び放射線防護剤の開発を課題とする。【解決手段】 新規の乳酸菌Enterococcus Faecalis-2001株の加熱死菌体の水溶性抽出物を用いることによって、解決できることを見出した。

特許出願公開-拒絶査定   出願番号 : JP20020065341 出願日 : 2002-03-11 公開番号 : JP2003261453 公開日 : 2003-09-16 出願人 : 日本ベルム株式会社 特許事務所 : 平木国際特許事務所 発明者 : 具 然和岩佐 敏廣 スコア : 1 被引用件数 (JP・US) : 2 引用件数 : 3 関連特許 引用分析

(57)【要約】【課題】 解凍後の風味、食感が良好で、健康維持効果も期待できる冷凍豆腐及びその製造法を提供する。【解決手段】 豆乳に、凝固剤と、乳酸球菌乾燥死菌体と、化工澱粉とを添加し、溶解、分散させた後、加熱して均一化した後、容器に充填して固化させ、急速冷凍して冷凍豆腐を得る。この場合、前記乳酸菌乾燥死菌体及び前記化工澱粉に糊料を混合して造粒し、この造粒物を前記豆乳に添加することが好ましい。前記糊料としては、アラビアガム、グアガム、キサンタンガム、ローカストビーンガム、タマリンドガム、トラガントガム、カラヤガム、ペクチン、ゼラチン、カラギーナン、アルギン酸ナトリウム、カルボキシメチルセルロース及びメチルセルロースから選ばれた1種又は2種以上の混合物が好ましく使用される。

 特許-権利維持 90% 出願番号 : JP20000160263 出願日 : 2000-05-30 公開番号 : JP2001333723 公開日 : 2001-12-04 公告/登録公報番号 : JP3871852B 公告/登録公報発行日 : 2007-01-24 出願人 : 日本ベルム株式会社株式会社アドバンクリエイティブ 特許事務所 : 松井特許事務所 発明者 : 木村 治雄岩橋 謙吉… スコア : 0.837 被引用件数 (JP・US) : 1 引用件数 : 3 関連特許 引用分析

生体応答調節性組成物
(57)【要約】【課題】 BRM(生体応答調節物質,Biological Response Modifier)を手軽に摂取することを可能にする、少量で強いBRM活性を有する生体応答調節性組成物を提供する。【解決手段】 乾燥物として100重量部のバナナに対して約2〜300重量部の乳酸球菌エンテロコッカス・フェカーリスを混合してなる組成物が相乗作用による強い白血球活性化作用を有することを利用する。

特許出願公開-取下・放棄等 出願番号 : JP19970303353 出願日 : 1997-10-20 公開番号 : JPH11124337 公開日 : 1999-05-11 出願人 : 日本ベルム株式会社 代理人/特許事務所 : 板井 一瓏 発明者 : 岩佐 敏廣柳沢 昊永 スコア : 0.836 被引用件数 (JP・US) : 1 引用件数 : 0 関連特許 引用分析

生体応答調節剤および生体応答調節作用が強化された食品
(57)【要約】【課題】 BRM活性の強い乳酸球菌乾燥死菌体を水中に容易に分散させることができる状態にする。また、該乾燥死菌体を用いてBRM活性を強化した液状ないし高含水率の食品の製造を容易にする。【解決手段】 乳糖、コーンスターチ、デキストロース、微結晶セルロース等、粉末状の多糖類または蛋白質からなる水溶性または水中分散性の希釈剤と生体応答調節作用を有する乳酸球菌乾燥死菌体との均一混合物を糊料を用いて顆粒状に成形して、食品添加用生体応答調節剤とする。

 特許-権利維持 97% 出願番号 : JP19980376173 出願日 : 1998-12-22 公開番号 : JP2000189106 公開日 : 2000-07-11 公告/登録公報番号 : JP3151442B 公告/登録公報発行日 : 2001-04-03 出願人 : 日本ベルム株式会社 代理人/特許事務所 : 中山 徹板井 一瓏 発明者 : 下橋 博隆岩佐 敏廣… スコア : 0.836 被引用件数 (JP・US) : 2 引用件数 : 4 関連特許 引用分析

鎮痛剤
(57)【要約】 (修正有)【課題】 副作用のおそれがなく服用が容易な、微生物由来の鎮痛剤を提供する。【解決手段】 腸内細菌の1種であるエンテロコッカス・フェカリス等、エンテロコッカス属に属する乳酸菌の菌体の水溶性抽出物が有する鎮痛作用を利用する。

特許出願公開-拒絶査定 出願番号 : JP20010048035 出願日 : 2001-02-23 公開番号 : JP2002249434 公開日 : 2002-09-06 出願人 : 日本ベルム株式会社 代理人/特許事務所 : 中山 徹 発明者 : 下橋 博隆具 然和… スコア : 0.836 被引用件数 (JP・US) : 0 引用件数 : 2 関連特許 引用分析

プロポリス抽出物、ロイヤルゼリー、及びエンテロコッカス・フェカリス死菌体を含んでなる医薬
(57)【要約】【課題】 著しく副作用の少ない抗がん剤となりうる免疫賦活薬を提供する。【解決手段】 本発明に係る組合わせ医薬は、プロポリス抽出物と、ロイヤルゼリー及び/又はエンテロコッカス・フェカリス死菌体とからなる。

特許出願公開-拒絶査定 出願番号 : JP20000379395 出願日 : 2000-12-13 公開番号 : JP2002179580 公開日 : 2002-06-26 出願人 : 具 然和岩佐 敏廣… 特許事務所 : 特許業務法人谷・阿部特許事務所 発明者 : 具 然和 スコア : 0.326 被引用件数 (JP・US) : 1 引用件数 : 4 関連特許引用分析

 

 

その他

コーポレートサイトに掲載されている、未病治療における乳酸菌の有用性(JMSA第17回日本未病システム学会学術総会 抄録集2010.11.13-14 日本未病システム学会雑誌17(1):55-59,2011) ※PDF という協同研究の資料を見ると、文献として「Enterococcus faecalis FK-23株加熱死菌体のマウス同系腫瘍に対する腫瘍効果」と「Enterococcus faecalis(FK-23株)加熱死菌体のbiological response modifier活性」の2点が文献として使われているようです。FK-23株はニチニチ製薬の菌なので、ニチニチ製薬の研究資料がベースとなっている箇所があるということですね。

 

 




★★★参考になった方はクリックしてね
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ
にほんブログ村


スポンサーリンク