新型コロナと免疫活性化と感染症への予防効果と乳酸菌

スポンサーリンク



上の画像は3月28日(2020年)のYahoo!JAPANニュースに掲載された「新型コロナの免疫とワクチンの話をしよう 免疫学の第一人者・宮坂先生にお尋ねしました(上)」のスクリーンショット(一部)です。イタリアで医療関係者の感染と重症化率が高いことに触れて、医療関係者がストレスによって免疫力が落ちているため重症化しやすいと解説されています。

要旨の部分を抜き出すと以下の通りです。

それは彼らが、ウイルス曝露量が多いだけでなく、非常にストレスのある状況で仕事をしていることも原因になっています。ストレスによって免疫力が落ちていて、非常に感染しやすい状況になっています。体の抵抗力が落ちているためにウイルスが入ってきやすくなっていて、いざウイルスが入ってくると、体内で一気に増えてしまうということです。

(出典:「新型コロナの免疫とワクチンの話をしよう 免疫学の第一人者・宮坂先生にお尋ねしました(上)」)

先日のブログでも書いた通り、免疫を活性化する効果が期待できるとして、ヨーグルトが今売れ行きを伸ばしているそうです。

それに関して開業医のドクターと大学の先生に意見を尋ねた記事があるのですが、これがなかなか面白いです。

免疫活性化作用に注目集まる乳酸菌─感染症への予防効果をどうみるか?【まとめてみました】Screenshot

ドクターのほうは少々懐疑的な雰囲気も感じますが、よく読むと正確を期しているのであって、否定するようなことは言っていないんですよね。

一方、教授のほうは特定の菌に対しては一定の効果を認める立場です。

でもこれ、開業医のほうは市販のヨーグルトを想定しているのに比べ、教授のほうは主に「乳酸菌製剤」についての言及なので、温度差があるのは当然かな?と思います。イメージしているものがそもそも違いますから。

記事を読んで感じたこと思ったこと

免疫活性化作用に注目集まる乳酸菌─感染症への予防効果をどうみるか?【まとめてみました】Screenshot

を読んで目に留まったフレーズと思ったこと・感じたことを脈絡なく書いています。

➡ 「乳酸菌が100億個!! どうやって数えてんだ??](記事内のドクター紹介文の一部)
ドクターが過去に書いたブログのタイトルを掲げて、民間療法に懐疑的で警鐘を鳴らす医師!みたいに読み取れる紹介の仕方をしていますが、実際にこの記事を読むと数え方はわかっていますし、乳酸菌に関しても「体にいいのは間違いがない」と書かれているので、読み始めのイメージと実際は違うように思います。

「実は乳酸菌っていう医学用語はない」(記事内のドクター紹介文の一部)
これも上記と同じで、このタイトルだけで見るとまるで批判しているように感じられますが、探しても同名のブログがそもそもないですし、もし該当のブログがこちらかまたはこちらだとすれば内容はかなり好意的で、むしろ「消化を助けたりビタミンを供給したり、免疫力を高める働きがある」と書いてくださっています。なので、もしかした編集者のほうが意味なく煽りたかったのかもね。

『ヨーグルトにがんを治す効果はないし、がんを直接治す食品はないんだよ。でも、食べたいものを食べていいんですよ』(患者さんの質問にそう答えているという)
そうなんですよね。ヨーグルトだけでなく「がんに効く」と言われている乳酸菌サプリであってもがんを直す効果はありません。だって乳酸菌は病気をやっつける菌ではなく、ヒトが自力で病気をやっつけるチカラのほうに加勢してくれる菌なんだもの。
「食べたいものを食べていい」というのもありがたい言葉で、ヨーグルトも乳酸菌サプリもお薬ではなく食品なので副作用がなく、食べ物に制限がないのなら、自由に食べて構わないんですよね。私の知人はがんで余命宣告の出たお父さんに、とんでもない量のプロテサンを飲ませたらしいですが(鬼のように叱咤して無理やり飲ませたらしいが、当時は今と違って一包の菌数が少なかったからで、今はその必要はないようです)お父さんはその後回復して数年おきに別な病気で入退院を繰り返しながらも80数歳まで生きたそうです。

乳酸菌はプロバイオティクス(十分な量を投与された場合、宿主に健康上の利益をもたらす生きた微生物)の代表として(記事中の解説文)
こちらの総説(PDF)によるとこの定義は、2002年にカナダのオン タリオで開催された WHO/FAO合同のプロバイオティ クスの評価に関するワーキンググループ会議で採択されたそうです。私は個人的に「十分な量」という表現が重要だと思っていて、この総説の最後にちょこっとだけ名前が登場する光岡知足博士も「菌数が大事」と言っています。ヤクルトの方が書いた総説ですが、決してヤクルトだけに偏って書かれていないように感じられます。歴史がわかってなかなか面白いです。

「臨床でのエビデンスは、医薬品と比べるとまだ不十分」(記事に登場したお二人の共通認識)
現状では、今後も十分なエビデンスは出て来ないと私は思っています。だって、もしヨーグルトメーカーであれば、1個100円台の商品にどれだけお金をかけられるか?ということになると思うし、莫大なお金をかけて新薬を開発している医薬品メーカーとはそもそも質も規模感も全然違いますから、個人的には今後も医薬品並みのデータが出てくるとはあまり思えないなぁ・・・
乳酸菌サプリメントに関しても、大手の乳業メーカーが得意なのでは?という質問に対して光岡知足先生は以下のように答えています。一理あると思います。
「あまり大々的には発売しないと思われます。自社の従来の商品とバッティングしてしまうからです。よって、殺菌した乳酸菌のサプリメントを製造しているのは、新しい技術のバイオ企業や比較的中小の健康食品メーカーが中心となっています。(出典:ヨーグルトと乳酸菌サプリメント

C.difficile感染症ガイドラインで「弱く推奨」(記事中の段落タイトル)
決して悪いことではなく、C.difficileと呼ばれる感染症の診療ガイドラインで、むしろ弱いながらも”推奨する”と明記された事実が話題になったということです。CDIというのは抗菌薬使用後に発症することが多い消化管感染症らしいですが、その予防に関して「CDI の発症リスクを有する患者において,プロバイオティクス製剤による予防を推奨する(実施することを弱く推奨する)」と書かれ、一応相手にしてもらえた、という感じなんでしょうね。ちなみにガイドラインを読むと「海外の各ガ イドラインでは,CDI の予防にはエビデンスは十分ではないとして必ずしも推奨されていない」そうですよ^^

「効果を期待して摂取するのはいいのでは」(記事中の段落タイトル)
同感です。プラセボ効果と言って臨床試験では比較のために使用する有効成分が入っていない偽薬でも一定の効果が得られるので、期待することで生まれる効果もあると思うんです。我が家では家族それぞれの異なる個人体験で、プロテサンが万能薬的な評価と地位と信頼をすでに獲得しているので、どんな時に飲んでも効果がありますが、「なにそれ?怪しくない?」と頭から疑っている人には効果がないかもしれませんよね。逆に言えばどんな薬もサプリも「いい!」と思って飲むから効くんです。そういうものだと思います。余談ですが、ドーパミンが少ない人はプラセボ効果もないそうです。それは何かに期待してワクワクとテンションが上がることがないからだって。

「幸いにもプロバイオティクスには副作用がほとんど報告されておらず、一つの姿勢としてはいいのではないか」(記事中の教授のコメント)
インフルエンザ予防や腸管感染症予防のために消費者が効果を期待してプロバイオティクスを摂取することについてのコメントです。前述のガイドラインにも「プロバイオティクス製剤は一般的に高い安全性を有する」と書いていますし、「安価であり患者への負担は少ない」「CDI 発症リスクを有する患者においては,益が害を上回る」と書いていますね。個人的にはCDIという感染症に限らず、もっと対象範囲が広がってもいい気がします。

「ヨーグルトに加えて、医薬品として認められているプロバイオティクスや、クオリティが管理されたサプリメントを、整腸や熱帯地方への旅行時の下痢予防などのために服用することを推奨するのがいいのではないか」(記事中の教授のコメント)
臨床医が患者・家族に相談された場合への対応についてのコメントです。この教授はたぶんヨーグルトというよりは、プロバイオティクス医薬品や質のいい乳酸菌サプリを押したいんですよね、たぶん。まぁ、菌数から見ても当然だと思います。

予防法は何でもやったほうがいい

で、つまるところ何なのか?と言えば、先ほどの記事からこれと言いう明快な結論は得られないわけですが、ここに新型コロナウィルスに関する、非常に分かりやすく正当な解説があります。(ぜひ一読をお勧めします)

生命を支える様々なメカニズム【第3回・緊急番外編】新型コロナウイルスはどれだけ危険なのか

山口大学の林田直樹先生とおっしゃる方の記事ですが、平易な言葉でとても理解しやすかったです。

でね、その中で先生が書いている「・予防法は何でもやった方が良い」という部分にものすごく納得しました。

今まではマスクも「効き目がないならやっても無駄」などと自分は思っていましたが、先生のお話では、防げないウィルスもあるけど、防げるウィルスもある、ということです。つまりちょっとした事の積み重ねで道が分かれることがあるかもしれないんですよね。

先生の記事を読んでから私は、マスクをつけるようになり、手洗いだけでなくきちんとうがいもするようになりました。それから個人の信念で毎日プロテサンも飲み始めました。

新型コロナウィルスは感染して重症化するのも怖いですが、自分が感染源になって周囲に多大な迷惑をかけてしまうこともすごく怖いですよね。名前は伏せられても勤務先や立ち寄り先は全部公開されて、それがお店なら即営業停止です。そんな張本人には絶対なりたくない。

たぶん日本人のほとんどの人が同じ思いですよね。

当初抱いていたイメージと大きく異なり、新型コロナウィルスの蔓延は長期化しそうな嫌な予感がしますが、いつかは収束してくれる日を願って、健康の維持に努めたい私です。

機能性乳酸菌1兆個

機能性乳酸菌2兆個

機能性乳酸菌4兆個




★★★参考になった方はクリックしてね
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ
にほんブログ村


スポンサーリンク