プロテサンは本当はリアルに対面で人を介して買った方がいい

スポンサーリンク



 

20年前に末期癌のお母さんがプロテサンで健康になったという友人から、プロテサンを売っている薬局を紹介してもらいました。写真は一番低価格で菌数も少ない『プロテサンB』です。思ったよりも箱が小さくてぽっそりとこじんまりとしていて、「え?プロテサンって、こんなに小さいの?」って感じでした^^

 

ですが、実際に薬局の方からお話を色々伺って、たとえ定価で少々お高くても、このサプリは人を介して購入する、リアルな対面販売のほうが絶対にいいと思いました。なぜなら、担当者の方は様々な事例を豊富に知っていて、基本的なことならすぐに答えてくれるし、こちらがびっくりするほど知識が豊かだからです。もちろん、成功例も複数ご存知でした。

 

でも、残念なことに、この薬局はホームページがありません。(あってもここでブログを書いていることは内緒なので、ご紹介できませんが・・・)「どうしてホームページをつくらないのですか?」と尋ねたところ、60代と思われるその女性の薬剤師さんは「そういうのはよくわからない」というお返事でした。

 

色々伺っている間に、ちょうどプロテサンを買いに来たお客さんがいましたが、その方は70代~80代と思える女性でした。薬局の中のソファーに腰かけて、今から数時間、世間話をしようという勢いでした(笑)

 

私が友人から紹介してもらった薬局は、狭い旧道沿いに古くからある薬店で、色あせた昔の資生堂のポスターが妙に印象的でしたが、一見さびれて見えるお店の割には、地域のお年寄りが三々五々やってきて、世間話をして帰るようなお店です。

 

なるほど、そうなのね。プロテサンは癌に効くという口コミで、ネット世代ではないご高齢の方に、紹介&紹介の口コミでじわじわ広がっている商品なのだ、と、このお店に来てみて初めて痛感しました。

 

だけど、私は思うんですけど、Facebookで私の友人たちがそのまた友人の訃報に対して「気付いた時には末期で手遅れだったらしく」なんて書いているのを見るたびに、切ない気持ちになるんです。もしかしたらプロテサンなどの乳酸菌サプリで助かっていたんじゃないか?と思ったりするとね。

 

だから、そんな人達に届けばいいという思いで、このブログをやっているんですよね。

 

私の父は今から25年前に、悪性リンパ腫で今の私よりずっと若い49歳でこの世を去りました。亡くなる直前のベッドの上で、激しい体の痙攣を母と妹と私の3人で「お父さん!お父さん!」と呼んで泣きながら必死で手足を抑えました。そして昨年、私の息子(30代)は、潰瘍性大腸炎で大腸を全摘し永久ストーマになりました。

 

今までしょうがないとあきらめていたことが、実はそうならない道があったのかも?と思うと、それはやっぱり人に伝えたくなるんですよね。

 

プロテサンを対面販売しているお店の数はわかりませんが、検索で出てきた分だけを以下に列記いたします。ご参考になれば幸いです。

◆くすりのみどりさん (千葉県銚子市)
◆スマイル調剤薬局グループ(徳島県)
◆くすりのふたば(鹿児島県鹿児島市)
◆フジカワ調剤薬局(徳島県三好郡東みよし町)
◆ハル薬店(大阪市中央区)
◆ごきげん漢方川田薬局(大阪市住之江区)
◆つちばし薬局(高知県高知市)
カウンセリングのある通販(たぶん)
◆アップルゴールド ??

※単純にネット検索だけのピックアップなので、各事業者様の評価に関しては責任を負いかねますことをご容赦ください。
※自社でも対面販売しているという事業者様はコメント等にてご一報ください。追加で掲載いたします。

お近くに対面販売しているショップがないというかたは・・・

Amazonで購入したい方はこちら

楽天で購入したい方はこちら




★★★参考になった方はクリックしてね
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ
にほんブログ村


スポンサーリンク