名前で同一商品だけを表示しないAmazon検索があんまりひどいので

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Amazon_プロテサン_Amazonscreencapture-amazon-co-jp-s-2018-08-15-12_47_50

友人達の親がプロテサンで癌を克服し、自分もからだの不具合が治った

ニチニチ製薬プロテサンシリーズ_4r021

私がこのブログを書こうと思ったのは、二人の友人からそれぞれに「親がプロテサン(Amazon楽天Yahooメルカリ)で末期癌を克服した」という話を聞いたからです。

そのうち、より仲がいいほうの一人は当時の様子を、聞けば何でも詳しく話してくれました。
雑誌の宣伝や新聞広告、そして販売担当者の伝聞としてそういった話を見聞きすることはありましたが、患者さん自身の家族から実際に話を聞くのは初めてでした。

彼女自身がプロテサンを知ったのも、もう片方の友人から自分の親の末期癌が治ったエピソードを聞いたのがきっかけでしたが、ちょうどそのとき体調が悪かった私はそれらを聞いて、自分もプロテサンを試してみようと思い、友人から小分けで数包もらって飲んでみたら、気になっていた体の不具合が改善したんですよね。

今まで妙な怪しさや胡散臭さを感じたり「健康おたくの依存症では?」と批判的にとらえていた健康食品やサプリメントでしたが、それとは雰囲気の全く異なる現実に接して、その価値と有用性を、見直さなくてはいけないと思ったからです。

Amazonの検索機能があんまりなので自分で商品をピックアップ

Amazonのバナー貼り_1102814

もちろんそれだけが理由ではないかもしれません。
そしてすべての人に有益なわけでもないと思いますが、それでも、もし万が一、このブログを読むことで救われる人がいるのなら、この情報を闘病中の方に届けたいと思い、そんな観点でやってます。

友人二人はちゃんとした販売店のお客さんです。
でもそういった販売店はツテやコネやクチコミがないと、ネットで探してもなかなか見つからないし(そもそも数が少ない)、一部の薬局では取り扱っていますがそちらもメチャメチャ数が少ないです。

だから記事に関連する商品リンクはなるべく正確に貼りたいと思っているんですが、Amazonだけはダメなんですよねぇ・・・^^
冒頭の画像のように、たとえば「プロテサンS」で商品検索(検索画面はこちら)しても、同じページ内にプロテサンBやRやGや、他社の別な商品まで出てきちゃって、個人的にはとても不満です。

子どもじゃないので、商品名やパッケージでどれが当該商品か自己判断はできると思うのですが、ものによっては想定外の商品がずらっとトップに並ぶこともあるんですよね。
楽天やYahooは絞り込み機能に除外キーワードがあるので、やりやすいんですけど、Amazonにはないのでご紹介には非常に不便・・・

だからAmazonに関しては、このサイトの中に商品バナー集をつくってそっちにリンクを貼ることにしました。
こんな手間ひまかけなくても、リンクをクリックしたら当該商品だけが一発できれいに並んででてくればいいんですけどねぇ。

▼商品バナー集はこちらです(一部ですが)

ニチニチ製薬 プロテサンG
ニチニチ製薬 プロテサンS

いまさらですがAmazonのしくみにびっくり!

Amazonにびっくり_982477

つくってみてわかったことは、Amazonのバナーってあくまでも商品主体にできているんですね。同じバナーをクリックしても同じショップとは限らないときがあります。けれどレビューは共通なんです。

たとえば、以下はショップ違いの同じ商品ですが、クリックしてみるとレビューはどれも同じでしょ?これは初めてわかったのでびっくり!

プロテサンG [45包+4包増量](エンタメコレクション)
プロテサンG [45包+4包増量](キュアマート)
プロテサンG [45包+4包増量](ル・リアン)
プロテサンG [45包+4包増量](もりのいずみ)

しかも、それぞれのお店ごとに商品バナーをつくっても飛び先が全部同じになっちゃうんですよね。私の場合はどれも皆、エンタメコレクションになっちゃいました。

個人的には楽天のほうをよく利用するので、Amazonはまだまだわからないことが一杯だなぁと思いました^^




★★★参考になった方はクリックしてね
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ
にほんブログ村


スポンサーリンク